性感染症でもある性器ヘルペスは男女により症状に違いが見られます。そして感染しやすい症状ですので確実に治さねばなりません。

ヘルペス治療はバルシビルでOK

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペス

特徴

性感染症の一つに位置付けられている性器ヘルペス。原因はヘルペスウイルスにより発症します。口唇ヘルペスと同じウイルスなのですが、分類上はヘルペスウイルス2型と呼称されます。これにより、性器にかゆみ、痛みが生じて水ぶくれが出来るのです。男女とも初感染の場合は発熱などを伴うなどの症状が現れますが、特に女性の場合、重症化しやすいようです。

男性の場合は、ペニス(亀頭や陰茎など)に水ぶくれやかゆみが生じます。太ももやお尻にも出てくる場合がありますのでなるべく潰さないように配慮をしましょう。女性の場合も性器周辺や太もも、お尻に出来るのですが子宮頚管であったり膀胱にも出来てしまう事があります。その際は排尿が痛みにより困難になってしまいます。

ただし再発の場合は男女ともに水ぶくれ、かゆみなどが出るだけの比較的軽い症状でおさまります。しかしなってしまうととても煩わしい症状ですし、他人に感染させてしまう恐れもあります。そのため早めに対処する事が必要です。大前提なのは、感染してしまった場合にはセックスをしないことです。特定の相手もそうなのですが、不特定多数の異性ともセックスをしないようにして下さい。それがどんどん広がっていく恐れがあります。

対処方法

性器ヘルペスの対処方法

そして早めの対処とは、医薬品を服用しウイルスの増殖を抑えることです。その際はバルシビルを用います。有効成分であるバラシクロビル塩酸塩が増殖を阻害してくれるため、それが出来なくなったウイルスは活動を停止してしまうのです。すると症状がおさまっていき、早ければ1週間で治ります。

ヘルペス治療薬を用いれば、重症化しなくてすむのですがやはり感染しないことこそが最も大切です。自身が性器ヘルペスに罹患していると思ったら恥ずかしがらずに医療機関へすぐに行くようにして下さい。相手にも多大な迷惑をかけてしまう恐れがあります。そして原因になってしまうセックスを控える事です。直接的な原因をカットすることにより、大幅に感染のリスクを減らすことが出来ます。自身の快楽を優先せずに、相手を思いやる気持ちも持ちあわせるようにしましょう。

バルトレックスのジェネリック医薬品

ピックアップ

ヘルペスという症状 性病の種類 海外医薬品を購入するには?
海外医薬品の通販サイト
バルシビル通販