帯状疱疹は高齢者に多く見られるヘルペスの症状です。そして激しい痛みを伴う事もあり、後遺症として残る可能性があります。

ヘルペス治療はバルシビルでOK

帯状疱疹の症状

帯状疱疹の症状

特徴

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスにより発症する症状です。水ぼうそうを引き起こすことでも知られており、幼少の頃にかかった事がある人も多いのではないのでしょうか?そしてそのウイルスは完全に死滅しません。神経節に潜み眠ることで、長い年月が経っても生きているのです。成人後、抵抗力が弱った際に暴れ出して帯状疱疹という症状が起こってしまうのです。

初期症状としては背中などに痛みが発生します。皮膚ではなく神経が痛むために、ピリピリとした感覚と例えられます。またかゆみが発生する事もあり、単に虫刺されか皮膚湿疹と勘違いしてしまう事もあります。そこから数日経つとさらに痛みが強くなってしまう事もあり、それと同時に小さい水ぶくれや赤い発疹が皮膚に現れます。

続いて神経に沿って段々それが帯状に広がっていきます。また特徴として半身にしか出来ませんので、見分ける際はこれを参考にすると良いでしょう。右半身か左半身のどちらかに現れます。まれにですが顔にも現れる場合もあります。その際には顔面が麻痺してしまう事もあり、注意をする必要があります。

早期治療が肝心

早期治療

帯状疱疹は一度かかればと二度目の発症はないと言われています(たまになる人もいるようです)。そのためなかなか症状に気付きにくく対処が遅れがちになる場合があるでしょう。しかし他のヘルペスと同じように初期の段階で治療薬を服用し、ウイルスの増殖を抑える事で重症化を防ぐことが出来るのです。

特に高齢者の場合は帯状疱疹後神経痛になりやすいため、注意が必要です。この症状は帯状疱疹が治った後にも痛みが残り、昼夜を問わず患部であった場所が痛む後遺症です。高齢者は若い人に比べ、神経の回復が遅いために起こります。これも重症化に伴う症状になりますので、いち早く治療をすることが大切です。

帯状疱疹を防ぐためにはなによりも抵抗力を上げることが重要です。疲れが溜まっていたり、ストレスが多い生活をし、抵抗力が弱まると発症しやすくなります。ですが発症した際にはきちんと治療薬を飲み、患部を清潔にし(なるべくシャワーで済ませる)、患部を温めて痛みを緩和させるなどといった対処法を取り少しでも楽になるように過ごして下さい。

ピックアップ

ヘルペスという症状 性病の種類 海外医薬品を購入するには?
海外医薬品の通販サイト
バルシビル通販