唇やその周辺に症状が現れる口唇ヘルペス。再発しやすいため適切に対処せねばなりません。

ヘルペス治療はバルシビルでOK

口唇ヘルペスの症状

>口唇ヘルペス

特徴

ヘルペスウイルスによって起こる口唇ヘルペスは、その名の通り唇もしくはその周辺に症状が現れます。まずはじめにピリピリ、チクチクした痛みが起きてやがて小さな水ぶくれが出来てきます。その際も痛みが伴いますのであまり触らないようにして下さい。やがてそれが破裂してかさぶたになり、症状はおさまります。

初めて口唇ヘルペスになった場合、特に発熱やリンパ節が腫れる重症化が起こりうる可能性がありますので気をつけるようにしましょう。また水ぶくれも再発した人に比べて大きめの物が出来るようです。この水ぶくれの中にはヘルペスウイルスがたくさんいますのでむやみやたらに触り、破裂させないようにして下さい。そして破れてしまった場合も、同様です。その体液に潜んでいます。

再発する場合もあります

再発するヘルペス

再発しやすい人はその特徴的な痛みで口唇ヘルペスが再発したと分かるようです。なぜ再発をするのかというと、ヘルペスウイルスは完全に死滅をせずに神経節に潜むためです。そして疲れがたまったり、ストレスをうまく発散できなかったり、紫外線の刺激により眠りから覚めて再び活発になるのです。これらは抵抗力が弱まっているという共通の点がありますので、普段から体を気遣い、食事の面でも抵抗力を上げていくことが大事です。

そして再発してしまった場合(初めてかかった場合もそうなのですが)、早めの対処が必要です。その痛みにより自分が口唇ヘルペスになってしまったと感じたらヘルペス治療薬をいち早く服用しましょう。これが重症化を防ぐために最も重要なことなのです。その際に有効な医薬品がバルシビルです。これを1日2回服用します。

治療薬を常備し、対応する

ヘルペス治療薬

また再発しやすい人は治療薬を常備しておくのも一つの手です。そういった時に便利なのが、海外医薬品を販売している通販サイトです。このサイトを利用すればバルシビルや、先発薬であるバルトレックス、同じくゾビラックスも医療機関で処方してもらうよりも安く購入出来ます。またバルシビルは国内では承認されていない医薬品ですので、通販サイトでしか購入出来ません。

目立つ場所に出来て、少しみっともない、恥ずかしいと思ってしまう口唇ヘルペス。早めに治療薬を使って治しましょう。また再発を防ぐために日常生活にも気を付けてみて下さい。

バルトレックスのジェネリック医薬品

ピックアップ

ヘルペスという症状 性病の種類 海外医薬品を購入するには?
海外医薬品の通販サイト
バルシビル通販