性器ヘルペスを安価で手に入りやすいバルシビルで乗り切る

私は22歳の学生なのですが、なんと性器ヘルペスに感染してしまいました。
陰部のかゆみが酷く、しまいにただれてきて、チーズのようなオリモノも出ます。
病院に行くのが恥ずかしいので、あくまでネットなどで情報を調べての自己診断なのですが、性器ヘルペスに間違いありません。
しかも、その原因も突き止めたので、やはり感染してしまったのでしょう。
ネットの情報で自分が性器ヘルペスかもと感じたとき、いったい何処で感染したのだろうと考えてみました。
直近でプールや温泉に行ったこともないし、考えられる人との接触は彼氏とのセックスだけでした。
そこで彼氏を問いただしたところ、なんと友達に誘われて風俗に行ったと白状したのです。
しかも、彼氏ときたら、堂々と病院に行っていて性器ヘルペスと診断を受けたというではありませんか。
早く言えよと思いましたが、私が感染してなかったら、ずっと黙っているつもりだったのでしょうね。
最悪なやつです。
自分が病気だということが明らかになっても、場所が場所だけに、やはり病院に行くのは抵抗がありました。
そこで彼氏が処方されているというバルトレックスという薬を手に入れようと、ネットで探してみたのです。
ネットなら誰とも対面せず、恥ずかしくなく買えると思ったためです。
ですが、この薬、とても高いのですね。
1錠で1,800円くらいしました。
彼氏は病院で保険適用されて3割負担だからいいものの、こんな高くては何錠も買ったら治るまでにお金がなくなりそうです。
しかも、再発を繰り返す虞もあるので、やはり安いに越したことはありません。
どこかで安売りをしていないかと探し回ったところ、バルトレックスのジェネリック薬であるバルシビルというのを見つけたのです。
ジェネリック薬なので値段はとてもリーズナブルで、1錠あたり300円ほどでした。
これなら使えると思い、まずは15錠入り1箱を購入してみたのです。
服用を始めると3日ほどで痒みが収まってきました。
5日ほどするとオリモノがなくなり、1週間も続けると、ただれや赤みも治まってきました。
もっとも、一度治まっても再発の虞があるため、今度は再発防止のためにバルシビルをもう1箱追加で購入しておきました。
性器ヘルペスはただウィルスが感染しただけでは発症せず、免疫力や体力が低下していることも原因と言われています。
なので、自分の健康管理を徹底しようと思い、お薬をキープしつつ、日頃の不規則な生活を改め栄養不足にならないよう、生活改善にも努める日々です。